問題:「78歳の女性。主訴は疲労感。最近、疲れやすく、動くのが面倒になった。意欲が低下し、食欲 も減退している。病院ではサルコペニアと言われた。」本症例の診断に用いないのはどれか。

1.握力 

2.歩行速度 

3.骨格筋量 

4.酸素飽和度 

続きを読む

問題:「63歳の女性。主訴は尿もれ。咳をしたり、重い荷物を持ったりすると尿がもれる。腰背部がだ るく、足が冷える。舌は淡で歯痕、脈は沈細。」本症例の尿もれと最も関係するのはどれか。

1.骨盤底筋群 

2.大殿筋 

3.膀胱排尿筋 

4.腹直筋 

続きを読む

問題:次の文で示す症例の圧痛点に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。「20歳の女性。高校 時代にバレーボール部の活動で前距腓靭帯損傷を繰り返し起こしていた。罹患靱帯のやや下方に圧痛と歩行 時痛があり、近医で足根洞症候群と診断された。」

1.解渓 

2.照海 

3.申脈 

4.丘墟 

続きを読む

問題:次の文で示す症例に対して神経を介した治療部位として最も適切なのはどれか。「52歳の女性。1年前に子宮癌で摘出手術を受けた。転移はない。会陰部の痛みとともに、尿失禁も起こるようになった。」

1.上後腸骨棘と大転子頂点の中点の下方4cmの点 

2.上後腸骨棘と坐骨結節下端内側を結ぶ線の上から50~60%の点 

3.仙骨角と大転子頂点の中点 

4.尾骨先端と大転子頂点の中点 

続きを読む

問題:切迫性尿失禁に対して体性一内臓反射に基づいた治療穴として最も適切なのはどれか。

1.三焦兪 

2.志室 

3.中髎 

4.中注 

続きを読む

問題:局所治療穴として曲池が最も適切なのはどれか。

1.ティネル徴候陽性 

2.ファレンテスト陽性 

3.チェアテスト陽性 

4.フローマン徴候陽性 

続きを読む